治験翻訳講座HOME講師紹介

 

講師紹介

有馬 貫志先生の写真
有馬 貫志先生 アルパ・リエゾン株式会社代表 東京医科歯科大学非常勤講師
プロフィール
英国Essex大学大学院言語学修士。同大学日本語講師、英国Birmingham大学Japan Centre副主任等を歴任。帰国後は東京医科歯科大学非常勤講師を務める傍ら、翻訳会社の治験翻訳レビュアーとして翻訳者の育成に携わり、2005年夏に治験翻訳講座を立ち上げる。現在はアルパ・リエゾンの代表として、治験翻訳講座の演習講師を務め、多くの翻訳者の育成に務める。また製薬会社、CROでの英語研修、日本メディカルライター協会、日本翻訳連盟等での講演など、メディカルコミュニケーションと治験翻訳の発展に貢献するべく多くの活動を行っている。

文系出身でも理系出身でも可能性は同じです

 治験翻訳講座を受講される方には二つの流れがあります。現在すでに治験関連の仕事に従事している方と、治験という分野は初めての方です。前者の場合、専門知識はそれなりにあるが翻訳やライティングの勉強は経験がないという方が多く、後者の場合は英語または翻訳の技術にはある程度自信があるものの、治験の専門知識はないという方がほとんどです。
 よく聞かれるのは、治験翻訳者になるにはどちらが有利か、という質問です。答えは簡単。どちらでも結構です。治験翻訳のように高度に専門化された分野では、一般的なバックグラウンドが理系か文系かで翻訳者の優劣が決まることはありません。自分がどちらに属すにせよ、ゼロからのスタートだと思っていただいて結構ですし、そう思うことができるどなたにも、成功の可能性が待っている分野です。

治験翻訳はメディカルコミュニケーションの一翼を担う分野です

 本講座では、治験翻訳者を書き言葉を伝達の道具として用いるメディカルコミュニケーターとして位置づけています。メディカルコミュニケーションとは、医療者同士あるいは医療者と患者とを結びつける情報交換を意味し、日本ではこれから発展が期待されている医療の一分野です。治験翻訳が他の産業翻訳と袂を分かつのは、扱っている情報が人の命に関わるという一点にあります。メディカルコミュニケーションに必要な知識と技術を習得し、医療従事者の一翼を担うのは、治験翻訳者の重責でもあり、かつ誇りでもあるのはいうまでもありません。

■【東京】【大阪】Regulatory Science基礎講義■【東京】【大阪】薬理学入門■【大阪】医学統計入門■【東京】【大阪】メディカルライティング入門
プロフィール
薬剤師。製薬企業で長年臨床開発や薬事、メディカルライティング業務に携わる。

なぜ、私が本講座の講師に

 私は長年製薬企業に勤めていますが、ずっと国内開発が中心でしたので、英語でのライティングや翻訳業務の経験がそれほどありません。ですので、実はあまり英語が得意ではありません。
 なぜ、そのような私が治験翻訳講座の講師をしているのでしょうか?それは、英語が得意でないからです。英語が得意でありませんから、翻訳は翻訳者さんに依頼することが多い訳です。その際、良い翻訳者さんに巡り会うと、ほとんど修正の必要のない翻訳文書が返ってきますが、そんな翻訳者さんばかりではありません。返ってきた翻訳文書がそのままでは目的の資料に使えず、修正が必要なものが多くあります。ひどい場合には、全く使いものにならず結局、自分の拙い翻訳をした方が早かったようなこともありました。私はメディカルライターなので、翻訳文書をきれいにするのもお仕事なのですが、そのまま目的の資料に使える翻訳をいただければ、それに越したことはありません。

治験翻訳に必要なもの

 ではなぜ、「使えない翻訳」になるのでしょうか?おそらく、言語(英語)の能力だけではなく、治験に関する知識が乏しいことも原因と1つだと考えています。治験に関する正確な用語を知っているだけでなく、治験文書の内容をある程度理解していないと、適切な翻訳にならないでしょう。文章は書き手の言いたいことを読み手に伝えるのが目的です。翻訳では、言語の壁を越えて、そのような文章を作ることが必要ではないでしょうか。治験翻訳には、治験に関する知識が必要です。特に、治験に関する用語と概念が大切だと思っています。

皆さんに期待したいこと

 製薬企業で翻訳者さんに翻訳をお願いする際、購買部や翻訳会社さんを介する場合が多く、私たち治験文書担当者が直接翻訳者さんとお話する機会があまりありません。それもコミュニケーションギャップとして、「使えない翻訳」の一因となっているような気がします。「私たちが治験翻訳に求めることを、皆さん(翻訳者さん、翻訳志望者さん)に直接お伝えするのが手っ取り早い、そして皆さんのご意見も是非お伺いしてみたい。」そんな気持ちから、本講座の講師を引き受けました。
 製薬企業の使命の1つは、新しいお薬の承認を得て、患者さんに届けることです。医薬品開発の中で重要な治験文書は、「レギュラトリーサイエンス」に基づき作成されます。ですので、まず皆さんには治験に関する知識として「レギュラトリーサイエンス」を学んでいただきたく思います。「レギュラトリーサイエンス」に基づく用語と考え方を知ることで、私たちが求める翻訳に近づくはずです。そうすることで皆さんは信頼を勝ち得、そして私たち(特に私)は修正をする必要がなくなり、楽?をすることができるのです。本講座で、ともにがんばりましょう!(その次は、医学統計、そして、薬理学ですよ・・・)

中井修三先生の写真
中井修三先生 東邦大学医学部薬理学講座 助教 医学博士
プロフィール
東邦大学医学部医学科 教育開発室
日本大学農獣医学部獣医学科卒。獣医師。医学博士。現在は、東邦大学医学部医学科 教育開発室に在籍し、地域連携のため近隣の小中学校に生命の大切さや一次救命について出張授業や公開講座を計画実行している。専門分野は一般毒性学、微量元素の生体内動態(特に中毒)。現在の研究テーマは、顔面静脈および門脈の生理的意義および収縮機構を自律神経中心に研究中。
人類の誕生とともに病気との闘いが始まりました。文明の歴史,すなわち薬の歴史でもあります。

 19世紀後半,クロード・ベルナールにより矢毒の成分(クラーレ)の作用点が解明され,なぜ薬が効くのかを人類が理解できるようになりました。そこから近代薬理学の幕が開け,目覚しい進歩が始まったのです。
 病気の治療,予防,診断に薬物の果す役割は大きい。薬物は「両刃の剣」であり,使い方によっては薬にも,毒にもなります。私達人間は,正しい量,正しい適用法で薬物を使用しているにすぎません。薬理学とは,薬物と生体との相互作用を生物学的見地から観察,理解し,科学的思考法を学び,薬物治療の基盤を確立する総合科学です。今回の「薬理学入門」は,薬物,受容体,作用メカニズム,副作用,相互作用などについてわかりやすく講義するので,薬理学に興味を持ってもらえればと思っています。

 英語文献には,専門分野により独特な思考や異なった表現をすることが少なくありません。したがって,基礎的な薬理学の知識の習得は,治験翻訳の一助になります。すなわち,専門的知識は,正確な翻訳やそれに要する労力を軽減することが期待できると考えています。

山田 裕紀子先生の写真
山田 裕紀子先生 東邦大学客員講師 メディカル翻訳者・ライター
プロフィール
文教大学大学院臨床心理学専攻修了。修士(人間科学)。心理学分野の研究を行う傍ら、医療系大学・看護学校等で心理学・精神保健分野の教育にあたる。現在、日経メディカル オンラインにて、海外新着論文の抄訳記事作成を担当。


文系で数学が苦手でも、統計解析の基本的な考え方を理解することは可能です。

 メディカル翻訳を目指す方、特に文系出身者の方にとって、最も攻略が難しい分野の1つが「統計解析」ではないでしょうか。統計解析について記述されている文章は"謎の暗号"にしか見えないと思われている方、あるいは統計学は嫌いだという"統計アレルギー"の方もいらっしゃるかもしれません。
 私は専門が心理学で、統計学が専門ではありません。しかも数学はどちらかといえば苦手な方です。ところが、心理学の研究では統計解析の知識が必須であったこと、また、大学院時代には学部学生の卒論指導で統計解析の指導にあたる立場になったことから、必死で統計学の勉強をしてきました。
 これまで、多くの初学者の方々に統計学を教えてきた経験がありますが、その経験から、数式を用いなくても、"言葉"で統計学の基本的な考え方を理解することは可能だと思っています。そして、実際に自分自身が翻訳の仕事に携わる中で、翻訳者にとっては言葉で理解していることの方が重要だとも思っています。
 この講座は、文系出身者で統計初学者の方でも理解できる基礎レベルに設定しています。統計学の基本的な考え方を理解することで、"謎の暗号"が解読でき、訳文が作成できるようになること、その結果"統計アレルギー"が緩和されるような講座を目指しています。
 翻訳の学習あるいは実際のお仕事の中で、統計解析が登場して困った経験をお持ちの方、そして勉強する必要性をひしひしと感じておられる方の受講をお待ちしています。

治験翻訳講座では同じ重責と誇りを分かち合いたいと考えてくださるすべての方の参加を、心からお待ちしております。

↑講師紹介 PAGE TOP

東京校 無料公開セミナー開催

大阪校 無料公開セミナー開催